飼料事業・サイロ事業

飼料事業・サイロ事業

飼料事業

飼料事業

「ふすま」とは本来、小麦の外皮のことで、製品としての「ふすま」は製粉工程上、小麦の胚乳部(小麦粉)を取り除いたものです。

小麦を製粉した際に発生する副産物である「ふすま」を販売する為に、専増産ふすま制度廃止後、お客様のご要望に応じて、従来の専管ふすまと同等品の「スーパーせんかん」を開発し、肥育農家等に幅広くご使用頂いております。

また、ライ麦等加工原料の多様化により、それに伴った「ふすま」類の製造・販売も行っており、畜産基地九州一円のお客様の多くにご愛用頂いています。

商品(※一部紹介)

  • スーパーせんかん

    [スーパーせんかん](荷姿:20kg/袋)
    和牛肥育農家様向けに、当社が開発した商品で、幅広く畜産農家の方々にご愛顧を頂いております。

サイロ事業

サイロ事業

貯蔵倉庫(通称サイロ)は、麦類・とうもろこし・大豆などの農作物をバラの状態で保管する倉庫です。

当社は昭和51年3月に運輸省(当時)から倉庫業を営む許可を取得後、同年11月に標準収容力11,245トンの穀物サイロを建設し、農水省の指定倉庫及び、くん蒸倉庫A級の指定、また、関税法に基づく保税倉庫の大蔵省(当時)認定を受けました。

以降、主に政府所管の小麦などの原料穀物を搬入・保管し、食料等の安定的な供給確保に寄与してきています。

施設概要

構造 鋼板円筒形
規模(収容力) 主ビン600トン×16本、副ビン235トン×7本 計11,245トン
搬出能力 80トン/h(3系統)
  • サイロ事業
  • サイロ事業
ページの先頭へ戻る