大陽製粉

沿革

 

昭和18年5月
八女精麦有限会社発足(資本金11万)
昭和18年6月
福岡県八女郡羽犬塚町に精麦工場を建設、操業開始
昭和20年9月
八女糧食有限会社に社名変更、精麦のほか酪農、製パンなど経営の多角化を図る
昭和23年7月
八女糧食株式会社に社名変更
昭和27年2月
製粉工場竣工
昭和33年4月
農林水産省よりふすま専門工場に指定される
昭和35年6月
本社新事務所建設(筑後市)
昭和35年8月
大陽製粉株式会社と改称、ふすま専門工場を大牟田より筑後に移転(日産設備能力105.9トン)
昭和39年2月
飼料用大麦加工工場新設
昭和40年12月
鹿野喜次郎社長藍綬褒賞受賞
昭和44年11月
鹿野喜次郎社長逝去、社葬(正六位授与)
第二代社長に氏原健二就任
昭和46年3月
福岡進出を始める
福岡飼料工場竣工、操業開始
昭和51年5月
第三代社長に鎌谷良蔵就任
昭和51年11月
大陽サイロ(11,245トン)竣工
食糧庁よりサイロの指定を受ける
昭和54年2月
福岡に新本社工場竣工(製粉日産能力185.9トン)
昭和57年7月
本社前にE倉庫竣工
昭和58年6月
第四代社長に古賀脩平就任
昭和59年4月
岡本製粉の営業権を買収
昭和61年10月
分級機設置
昭和62年11月
山口運送有限会社を買収
昭和63年10月
ドイツのフリガテック社(現社名)と提携
グラニフリガー(穀物冷却装置)事業開始/サンエー
平成2年6月
プレミックスライン新設
平成5年9月
50周年記念式典
平成8年12月
ドイツ フォルマー社の石臼製粉ライン新設
平成12年1月
国内製粉会社の6社で、(株)ラインゴールド設立
ヨーロッパタイプのパン用粉 ラインゴールド開発へ
平成13年3月
国際標準化機関ISO9002認証取得
平成13年4月
ドイツ・ターモノックス社と代理店契約締結
(熱による害虫駆除)ターモノックス事業開始
平成15年4月
国際標準化機関ISO9001(2000年版)認証取得
[品質マネジメントシステムの適用範囲:小麦粉・飼料の配合設計・開発・製造・販売]
平成16年5月
ピーリングシステム導入
平成17年1月
ライ麦製粉ライン新設
平成18年8月
焼きたてパン工房「ゾンネンブルーメ」開店
平成18年9月
定温倉庫新設
平成25年9月
製パン・製菓講習室新設
平成25年11月
小ロット製粉工場竣工
平成25年11月
創立70周年記念式典・祝賀会
平成27年02月
島原営業所 開設
平成28年05月
日本ハラール協会よりハラール工場としての認証取得
平成28年06月
第五代社長に鹿野晋就任
代表取締役会長に古賀脩平就任
平成29年03月
パン工房ゾンネン・ブルーメ グランドオープン(今宿駅前 移転)
平成29年06月
大麦粉製品 販売開始
ページの先頭へ戻る